ホームページ作成支援システム「MINC(ミンク)」

ブログ感覚でカンタン運営!オーダーメイドの宣伝連動CMSサービス ”ミンク”!

ニュース

2020.07.31 『ボンクリ・フェス2020』公式サイト公開!

ボンクリ・フェス2020

伝統音楽から電子音楽まで!世界中の「新しい音」が聴けるフェスティバル!『ボンクリ・フェス2020』9月26日(土)開催。

「ボーン・クリエイティヴ」、略して「ボンクリ」。
これは、「人間は皆、生まれつきクリエイティヴだ」という意味。

大人になっても5歳の子供のままクリエイティヴでいる人達の作品を、0歳の子供から大人まで楽しめる新しい音楽に触れるためのイベント。演奏家と共に参加し、一緒に音楽を作るワークショップもあり、即興音楽もあり、日本の伝統音楽である箏、エレクトロニクス(電子音楽)も、現代音楽アンサンブル作品もある。丸1日、東京芸術劇場館内に「新しい音楽」が満ち溢れる。

一生分、少なくとも1年分の“世界中の新しい響き”を堪能することができるまたとない機会。

2020.06.20 東京芸術劇場30周年記念公演『真夏の夜の夢』公式サイト公開!

真夏の夜の夢

野田秀樹 潤色戯曲 × ルーマニア演劇の巨匠シルヴィウ・プルカレーテ演出 ついに待望の初タッグ『真夏の夜の夢』が2020年10月上演される。
演出を手がけるシルヴィウ・プルカレーテは、ルーマニア演劇界を代表する演出家の一人で、歌舞伎の「桜姫東文章」を原案に作品を生み出すなど、日本の文化にも深く精通。そのプルカレーテが初めて野田作品を手掛る。出演は、鈴木杏、北乃きい、加治将樹、矢崎広、今井朋彦、加藤諒、長谷川朝晴、山中崇、河内大和、土屋佑壱、浜田学、茂手木桜子、八木光太郎、吉田朋弘、阿南健治、朝倉伸二、手塚とおる、壤晴彦。

2020.06.17 『両国花錦闘士』公式サイト公開!

両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)公式---舞台
伊藤健太郎が日本一セクシーなお相撲さんに!明治座、東宝、ヴィレッヂプロデューサー3名が立ち上げた“三銃士企画”第一弾、岡野玲子による漫画原作の初舞台化となる『両国花錦闘士』。本作は、個性とクセが強すぎる登場人物たちが作品の最大の魅力。力士であることに高い誇りを持ちながらも、美形でやせ型のナルシスト・昇龍は、今や映画、ドラマと日々見ない日はない程に数々の作品で様々な表情を魅せ、まさに役名の如く昇り龍の勢いを見せる伊藤健太郎が演じる。演に大鶴佐助、大原櫻子、紺野美沙子、りょう他。

2020.03.27 そこそこ本格ミステリ『照くん、カミってる! ~宇曾月家の一族殺人事件~』公式サイト公開!

照くん、カミってる!
Hey! Say! JUMPの知念侑李舞台初主演、初ストレートプレイに挑戦となる、そこそこ本格ミステリ『照(てる)くん、カミってる!~宇曾月家(うそつきけ)の一族殺人事件~』。本格的な謎解きが盛り込まれた“そこそこ本格ミステリ”、それでいてコメディ要素もたっぷりな、初物尽くしの知念にはなかなか高いハードルが用意された本作。
今作の演出を務めるのは「市場三郎」シリーズで東京グローブ座の観客層だけでなく、演劇ファンにも強烈なインパクトを与えた河原雅彦。作はしっかりとした作劇と抜群のコメディセンスに定評のある須貝英。

2020.03.23 『ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~』公式サイト公開!

bib
ゲイの友人たちによる一夜の誕生パーティーでの出来事を通して、LGBTの人々を取り巻く社会の現実や、それぞれのアイデンティティ、愛憎などを真正面から描いた会話劇。1968年にオフ・ブロードウェイで初演され、演劇界のみならず社会にも大変な衝撃を与えた『ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~』。初演から50年を迎えた2018年、ブロードウェイで新たに構築し直し、トニー賞の演劇リバイバル作品賞を受賞した本作の日本版。

主演のマイケル役に安田顕、マイケルの恋人ドナルド役に馬場徹、真面目な数学教師のハンク役には川久保拓司、誕生パーティーのプレゼントとして派遣されてくる男娼のカウボーイに富田健太郎、インテリアデザイナーのエモリーに浅利陽介、ファッションカメラマンのラリーに太田基裕、アフリカ系米国人のバーナードに渡部豪太、マイケルの友人である弁護士で、メンバー内では唯一のストレート、アラン役に大谷亮平、そしてこの夜の誕生パーティーの主役でもあるハロルド役に鈴木浩介が決まった。
ページトップへ